Galaxy Note 20シリーズはカラバリ一新、「オーラ」は廃止に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンが8月発表、9月にはリリースすると言われている次期Galaxyフラッグシップ、Galaxy Note 20およびGalaxy Note 20+

これらNote 20シリーズのカラーバリエーションについての情報がリークされていました。

オランダのサイト、GalaxyClubが伝えたもので、これによるとGalaxy Note 20のカラーはグレー、カッパー、グリーンの3色。Galaxy Note 20+についてはブラックとカッパーの2色展開になるとのこと。

前モデルのGalaxy Note 10シリーズの場合、国内でリリースされたのはドコモ版がオーラホワイトとオーラブラック、au版がオーラグローとオーラブラックで合計3色でしたが、海外の一部の国・地域ではこれにオーラピンク、オーラレッドを加えた合計5色展開でした。

一方、今回の情報によるとこの「オーラ」カラーのシリーズ自体が廃止される模様です。

ちなみにカッパーの色合いについては冒頭のGalaxy Note 9のカッパーに似た色になる可能性が高いとのこと。

なお、Galaxy Note 20シリーズは今のところの情報ではレギュラーのNote 20は6.7インチ、Note 20+は6.9インチでNote 20+には初のLPTOディスプレイ、またGalaxy Note 20 Ultraと同じ108MPセンサーが搭載されると言われています。

バッテリー容量についてはNote 20が4000mAh、Note 20+が4500mAhとのこなので、ディスプレイサイズから考えるとS20シリーズよりも若干容量が小さくなりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました