次期Xperiaなどに搭載、スナドラ865のスペックがリーク!SD855との違いは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年リリースのハイエンド複数モデルに採用される予定のSnapdragon 865 (SD865)

同チップについてはすでに12月上旬に正式発表がされることが確定していますが、今回、同チップの一部スペックがリークされていました。

これによると、Snapdragon 865はオクタコアで2.84GHz A77x 1、2.42GHz A77 x 3、1.8GHz A55 x 4という構成に。

GPUは587MHzのAdreno 650を搭載するとのことです。

SD855とSD865の違いは?

なお、SD855のコアも2.84GHz x 1、2.42GHz x 3、1.8GHz x 4と動作周波数は全く同じです。
ただ、SD855の2.84GHzおよび2.42GhzコアはCortex-A76で一世代古いもので最大の違いはこの部分の模様。

A77はA76は同一プロセス・同一周波数・同一構成で処理性能が40%高く、消費電力も30%低いとのことです。

なお、現行のSD855との性能比較ではCPU性能は20%前後、GPU性能は17%~20%アップでする模様。

このWeibo上の投稿者は2.6万人以上のフォロワーを抱えており、過去の情報を見る限り情報の信憑性はかなり高そうです

これは8月に発見されたSD865のものとされるベンチマークスコア

SD855搭載機のスコアが11000前後なので、今回の約2割の性能アップ、というのはかなり正確ではないかと思われます。

なお、このSD865はすでに2020年版の次期Xperiaフラッグシップ(Xperia 1後継機)に搭載。5G通信にも対応することが明らかになっています。

コメント

  1. がみ より:

    毎年新チップが出るたびに消費電力30%減とかいってるわりに、バッテリー持ちってあんまり変わらないよな。

    • キリン より:

      バッテリーの消費は殆ど画面だからな
      ゲームビリビリしなきゃcpu30%なんて感じれない

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました