「意外なソース」がAndroid OSバージョンの分布を発表

スポンサーリンク

最新のAndroid OS、と言えばAndroid 10。

ただ、国内でこのAndroid 10搭載、アップデート済みとなっている機種はPixelやASUS Zenfone 6など、まだごく一部です。

そんな中、phoneArenaがちょっと「珍しいソース」からのAndroid OSバージョン分布を報じていました。

右上のロゴが示すように、これ、男性なら一度はお世話になったこともあるはずの有名ポルノサイト、Pornhubからのもので2019年のアクセス統計をまとめたレポートの一部。

ご覧のように同サイトにアクセスをしたAndroid OSユーザーのうち、48%のユーザーがAndroid 9.0を、23%がAndroid 8.0/8.1を搭載した端末を使っている、ということに。

一方で、最新のAndroid 10はわずか2%ですが、これはAndroid 10自体がリリースされたのが9月頃、という点からして仕方がない部分もあります。

ちなみにこういったAndroid OSバージョンの分布、以前はGoogleが月次で公式ブログ上に掲載していましたが、なぜか5月統計を最後に更新が止まっています。

5月時点のAndroid OS分布(Google発表)

一方、その5月時点のGoogle発表で、Android 9.0の割合が1割程度だったことを考えると、この半年でかなりAndroid 9は普及した、と言えると思います。

また、いくつかの興味深い点をまとめると

・76.6%のユーザーがモバイル端末からアクセス(前年比7%アップ)

・世界全体のAndroidユーザーの割合は85%だが、同サイトへのアクセスでAndroidが占める割合は46.6%、52.8%がiPhone (iOS)ユーザー。

・iOSユーザーからのアクセスは前年比14%アップしているのに対し、Androidユーザーからのアクセスは19%ダウン。

・iOSの比率が多いのはタブレット市場でiPadが独占状態であることが理由かも。(タブレットで同サイトにアクセスする人が多い、ということ)

これだけでも十分「なるほど」なのですが、個人的に一番笑ってしまったのは以下の二つの統計における「Japan」の位置。

トラフィックでは世界2位なのに、、、

滞在時間では下から2番目。

「日本人は忙しいんだ!」という方も多いとは思いますが、個人的にはこれが意味することは、、、いや、なんでもありません。
(まあでも、前年から39秒「向上」していますからね)

また、コンテンツ面でも「日本」もしくは「日本語」はメジャープレーヤーの模様。

ただ、一番「意外」だったのは以下の統計

女性ユーザーの割合を示したものですが、全体の3割強、といったところでしょうか。
ポルノ=男性が大半と思い込んでいたのですが、偏見はいけませんね。

また、さらに意外だったのが比較的女性ユーザーの割合が低い日本ですら約3割という点。

全体としても前年から3%アップしています。

そういえば、日本はもちろん、iPhone/iOSユーザーは女性の割合が多いと言われていますが、ひょっとするとこの女性ビューワーの増加が上のiOSユーザーの増加にも寄与?しているのでしょうか。

ソース

コメント

タイトルとURLをコピーしました