SD870搭載のXiaomi Mi 10の画像が発見、Redmi K40/K40 Proも

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国シャオミの最新フラッグシップ、と言えば先日グローバル版も発表されたSnapdragon 888搭載のXiaomi Mi 11。

一方、以前より同社はSnapdragon 870を搭載した新型モデルをリリース予定と言われていました。

そして今回、このSD870を搭載した未発表モデルが中国の認証機関、TENAAを通過した模様です。

GIZMOCHINAが伝えたもので、これによると今回認証通過が確認されたのは「M2012J2SC」という型番でXiaomi Mi 10の新バージョンに相当するとのこと。

スペックの詳細は記載されていないようですが、過去の情報からSD870搭載となることが判明しています。

このSD870は事実上Snapdragon 865/865+のオーバークロック版(そのため「SD865++」とも呼ばれています)で、先月モトローラが同チップを搭載したMotorola Edge S(グローバル版はmoto g 100としてリリース予定)を発表しています。

なお、このSD870搭載版Xiaomi Mi 10は今のところの情報では3500中国元(約5.7万円)で販売されるとのことです。

一方、ほぼ同時に別の2モデルのXiaomi製スマートフォンが認証を通過。

カラー以外、ほとんど同じデザインに見えますが、上の画像がRedmi K40、下の画像がRedmi K40 Proのものとのこと。

こちらは同社の最新フラッグシップ、Xiaomi Mi 11と似たカメラ周りのデザインとなっています。

Xiaomi Redmi 9T おすすめケース:耐衝撃、透明カバー、手帳型など
シャオミの新型ミッドレンジモデル、Xiaomi Redmi 9T。税込み17,490円の格安SIMフリースマホとしてamazonでも発売前の予約段階ですでに「ベストセラー1位」を獲得。おそらく今年のSIMフリー4Gモデルでは1、2を争う売れ

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました