SD888搭載のRedmagic 6には背面が透ける「エレクトロクロミック技術」が採用か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZTE傘下のブランド、Redmagicが展開する次世代ゲーミングスマートフォンにちょっと変わった新機能が搭載される可能性がでてきました。

ZTEはすでに次期RedmagicスマホにSD888を搭載することは正式に発表していますが、今回、GIZMODECHINAが伝えたところによると、この次期Redmagicスマホ「Redmagic 6」にはエレクトロクロミック技術と呼ばれるものが採用される可能性がある、とのこと。

動画をみると、端末側面に触れることで背面パネルの色が変わり、一部がスケルトンになる様子が分かります。

レクトロクロミックとは電流を加えると色吸収帯を生じ、その箇所だけ可逆的に色が変わる物質のこと。

確かにカッコいいような気はしますが、用途としては全く意味をなさないような気も。

飲み会でガジェット好きの人に1回見せて突っ込まれておしまい、といった機能のような気もしますが、ちょっと惹かれてしまう自分がいるのも事実です。

なお、このRegmagicシリーズはお世辞にも売れているとはいませんが前モデルに相当するRedmagic 5は国内でも展開されています。

よって、次世代のRedmagic 6についても日本でリリースされる可能性は十分にあると思われます。

ソース

コメント

タイトルとURLをコピーしました