Galaxy S20シリーズには「スーパーISO」を搭載、暗所撮影用の新技術か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2月11日に正式リリース発表されるサムスンの2020年版新型Galaxyフラッグシップ、Galaxy S20シリーズ。

同シリーズではカメラ周りのアップグレードが注目されていますが、今回、このGalaxy S20シリーズで採用されると思われる新技術・機能について新情報がでてきました。

英国の知的財産局に申請されたトレードマーク(商標)で、その名も「スーパーISO」

IOSと言えばカメラの「ISO感度」でカメラが光をとらえる能力を表す値。

感度を上げることで暗所での撮影に有利になりますが、その分ノイズが増えるというトレードオフがあり、一概に高低どちらが良いとは言えません。

ただ、この「スーパーISO」はおそらく感度を上げてもノイズが乗りにくい、など従来のジレンマをある程度改善した新技術ではないかと思われます。

なお、Galaxy S20シリーズに新搭載される技術としてはこの他にも「Space Zoom」という商標登録が確認されており、これはおそらくペリスコープ型カメラが可能にする光学10倍、デジタル100倍ズームを指していると思われます。

ただ、今のところの情報ではこのペリスコープ・カメラが搭載されるのは最上位モデルのGalaxy S20 Ultraだけと言われています。

ソース

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました