Galaxy S10 LiteがFCC通過、機種名と一部スペックが判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型Galaxy機種、Galaxy S10 Liteの存在および機種名、そして一部スペックが判明しました。

XDAが伝えたもので、FCC通過資料から判明したもの。

SM-G770Fという型番でこれは以前より何度かリーク済み。
ただ、「Galaxy S10 Lite」という機種名が確認されたのは今回が初めてだと思われます。

このSM-G770Fはすでにベンチマークスコアも発見されており、SD855を搭載することが確定。

また、今回のFCC通過資料から一部スペックも判明した模様で、メモリは8GB RAM、ストレージは128GB、メインカメラは48MP、12MP、5MPのトリプル仕様。フロントカメラは32MPとのこと。

他のS10シリーズのメインカメラは12MPx2と16MPx1という構成なので、このS10 Liteカメラ周りの仕様は同シリーズでもかなり異なるということになります。

なお、バッテリー容量は”Lite”の名には似合わない4500mAhという大容量になっています。

その他、ディスプレイは6.7インチのフルHD+、充電は45Wの高速充電に対応する模様です。

なみにGalaxy S10シリーズの他機種のバッテリー容量はS10 (6.1インチ)が3400mAh、S10+(6.4インチ)が4100mAh、10e(5.8インチ)が3100mAhとなっているので同シリーズ最大のディスプレイおよびバッテリーを搭載ということになります。

ただ、このGalaxy S10 Liteは画面解像度はFHD+となっておりQHD+のS10やS10+よりもディスプレイのバッテリー消費は少ないはず。

よって、おそらくGalaxy S10シリーズ最長のバッテリー持ちになるのではないでしょうか。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました